DTM Solutions

MIDI

チャンネル・ボリューム

当初はメイン・ボリュームと呼ばれていました。シンセサイザーの音量をコントロールするための MIDIメッセージですが、これはチャンネル・メッセージです。 すなわち、マルチ・パートのシンセサイザーの場合は全体の音量を制御するのではなく、MIDIチャンネルの一致するパートの音量を制御するものです。

マルチ・パートのシンセサイザーあるいはMIDI音源が当たり前になった今日では、 ボリューム制御というよりはむしろ各パートの音量バランスをコントロールするためのもの、 という解釈の方が適切であるような気がします。

MIDIメッセージにはコントロール・チェンジというものがありますが、 これはメッセージ内に持つコントローラ番号によって機能が変わってきます。 このコントローラ番号の7番がチャンネル(旧メイン)・ボリュームにアサインされています。

チャンネル・ボリュームとして機能する場合のコントロール・チェンジ・メッセージには次の情報が含まれています。

PIANO ROLL

チャンネル・ボリュームすなわち MIDIにおける音量制御は演奏情報とは完全に独立しています。 チャンネル・ボリュームはあくまでもシンセサイザー、つまり音源の、音量を設定するもので、 音符の一つひとつについて設定するものではありません (一音ごとに強弱を付けるためにあるのがノート・オン・ベロシティです)。

MIDI