DTM Solutions

MIDIファイル, GM, GS, XG

GM2

Introduction

GM2 (GENERAL MIDI SYSTEM LEVEL 2)が、従来からあるGM (GENERAL MIDI SYSTEM LEVEL 1)の拡張規格("規格"というより"仕様")に盛り込まれました。 一般に主な拡張ポイントとして次のようなものが上げられています。

GM2に関する公式ドキュメントは下記のところにあります。

MIDI規格の追記事項、SMFやGM等の応用例に関するドキュメントのダウンロード
(AMEIのホームページ内)

以下、このページの説明は主に、既存のGM(GENERAL MIDI SYSTEM LEVEL 1)からの拡張部分にターゲットを絞ります。


GM2システム・オン

MIDI音源をGM2動作状態に切換えるためのシステム・エクスクルーシブは次の通りです。GMとならべて示します。

F0,7E,7F,09,03,F7 : GM2 ON (コントロールチェンジNRPN受信×)
F0,7E,7F,09,01,F7 : GM ON (バンクセレクト受信×、コントロールチェンジNRPN受信×)
(16進数で表記)

このメッセージを受信すると、GM2で規定されているメッセージの受信が可能になり、 音色配列がGM2で規定されているものになります。
GM2ではバンクセレクトが受信×とならない点がポイントです。 実際に拡張された音色(GMの128種類を超える部分)はバンクセレクト(BANK SELECT LSB [CC32])の併用で 選択するようになっています。


GM2のバンク・セレクト

GM2のバンクは通常の楽器の場合はMSBが121(79h)、ドラムサウンドの場合は120(78h)と定められているようで、 通常の楽器の場合はLSB 0が従来のGMサウンドセットで、128を超える部分を1以上のLSBで選択するようになっています。 ただし、ドラムサウンドの場合、GM2で追加になったドラムセットはLSBは0の状態で、プログラムチェンジで切換えるようになっています。

ローランドのMIDI音源風にいえば、バリエイションNO.121(楽器の場合)と120(ドラムサウンドセットの場合)が、 GM2サウンドセットということになります。
GM2対応のローランドソフトシンセVSC3.0の場合、GM2 ONを受信すると強制的にバリエイションNO.が121あるいは120に固定され、 バンクセレクトMSBは無視される、と考えると次の節で示したサウンドセット一覧にMSB(CC:0)の記載が無いことに納得できるのですが、 初版のVSC3.0のMIDIインプリメンテーションには、そのあたりの説明が見当たりません。

なお、"General MIDI Level 2 Recommended Practice MMA Item #123"(英文ドキュメント)をみる限りでは、チャンネル10と11のみ通常楽器とリズム楽器のいずれにも使用することができ、 チャンネル10はデフォルトのバンクが120(ドラム系)に、11の場合はデフォルトのバンクが121(通常の楽器系)に定められているようです。


GM2 Instruments

GM2オン時に有効となる楽器音の一覧を示します。 なお、GM(1)サウンドセットにもGM2サウンドセットの一部を示してあります。


GM2 Drum Set

既存のGMドラムセットと新たに規定されたドラムセットの一覧を示します。これはバンクセレクトではなく、 リズム用トラックに対してプログラム・チェンジを送信することによって切換えます。 なお、GMパーカッション・マップにGM2パーカッション・マップのスタンダードも一緒に示してあります。

【GM2 Drum Set】

PC# Drum Set Name 備考
1 STANDARD Set GMドラムセット
9 ROOM Set  
17 POWER Set  
25 ELECTRONIC Set  
26 ANALOG Set TR-808?
33 JAZZ Set  
41 BRUSH Set  
49 ORCHESTRA Set  
57 SFX Set  

GM2 Control Change Messages

GM2で規定されているコントロールチェンジのコントローラ番号をGM,GS及びXGと比較して下表に示します。 表には GM2,GM,,GSまたは XGのどれか一つでも対応しているものをピック・アップしています。

コントローラ番号機能 GM2GMGSXG
000バンク・セレクト(MSB) ×
001モジュレーション
005ポルタメント・タイム ×
006データ・エントリー(LSB)
007チャンネル・ボリューム
010パンポット
011エクスプレッション
032バンク・セレクト(LSB) ×
038データ・エントリー(MSB)
064ホールド1(ダンパー・ペダル)
065ポルタメントON/OFF
066ソステヌート(コート・ホールド)
067ソフト・ペダル ×
071フィルター・レゾナンス ××
072リリース・タイム ××
073アタック・タイム ××
074ブライトネス ××
075デイッケイ・タイム ×
076ビブラート・レート ×
077ビブラート・デプス ×
078ビブラート・ディレイ ×
084ポルタメント・コントロール ××
091汎用エフェクト1(リバーブ) ×
093汎用エフェクト3(コーラス) ×
094汎用エフェクト4(セレステ) ×××
096データ・インクリメント ×
097データ・デクリメント ×
098NRPN(LSB) ××
099NRPN(MSB) ××
100RPN(LSB)
101RPN(MSB)
120オール・サウンド・オフ ×
121リセット・オール・コンントローラ
123オール・ノート・オフ
124オムニ・モード・オフ ×
125オムニ・モード・オン ×
126モノ・オン ×
127ポリ・オン ×
(○:受信義務あり、△:受信を推奨あるいは何らかの規定があるもの、×:規定されていないもの、●:GSまたはXGで規定されているもの、?:当方で未確認のもの)
コントローラ番号によってはGS,GSの両方に●が付いているものがありますが、 これは必ずしも●の付いているもの同士に完全な互換性があることを示しているわけではありません。

GM2 RPN(Control Change)

GM2で受信が義務づけられている(リズムチャンネルを除く)RPNは次の通りです。